天然理心流

質疑応答

質疑応答

Q01:天然理心流を習いたいのですが、剣道等は経験ありません。そんな私でも出来ますか ?

剣道やその他の格闘技などの経験があれば、身体の運用や間合いの感覚があるので役立つと思いますが、何も経験がなくても当流の稽古を通じて会得できるので、特に経験は必要ありません。(心武館館長)

Q02: 仕事の都合で稽古や合宿を休むこともあるかと思いますが、入門できますか ?

天然理心流の修行は長い年月のかかるものですから、あせらず継続することが大切です。あくまで仕事や学業を優先していただいて、無理せず来られる時に稽古して頂ければ結構です。(心武館館長)

Q03:60歳になりますが、この年で稽古についていくことができるか不安です。

現在、門弟の中には高校生から70代後半に至るまで、幅広い年齢層の方が稽古されております。それぞれの体力に合わせた指導を行っており、またご自身の体調に合わせて休憩をとることも自由です。心身ともに稽古に支障の無い状態であり、特に医師から運動を制限されている等のことがなければ、どなたにも楽しく稽古していただけると思います。(心武館館長)

Q04: 稽古に真剣は使いますか ?

当然真剣も使用いたしますが、すぐには必要ありません。切紙、序目録と進み、中極位目録の段階で居合術が出てきます。刀の扱いに慣れていただくため、初歩的な居合の稽古は最初から行いますが、門弟の皆さんには木刀もしくは模擬刀で代用していただいております。
真剣を所持している方もいらっしゃいますが、未熟なうちは怪我の心配もありますので、稽古では模擬刀をご使用いただいております。(心武館館長)

Q05: 関東、京都、福岡以外では、天然理心流を教えていただくことは出来ませんか?

これまで、全国各地より数多くお問い合わせいただいき、近畿地方に京都道場、九州地方に福岡道場を開設してまいりました。今後も指導体制と入門希望の折り合いがつけば、状況に応じて検討してまいります。基本的に大塚館長及び当流師範、師範代が直接指導いたしますので、いずれの道場も同じ内容の稽古が出来るようになっております。
また、心武館では遠方の方も、当流を学べるよう合宿門人制度を設けております。武道の経験が無くても基礎から天然理心流を学ぶことが出来ます。合宿は夏の東京合宿、秋の京都合宿があり、入門した方はいずれの合宿にも参加できます。なお、九州福岡道場も当面は月に二日、土日連日で稽古を実施しますので、半ば合宿的に稽古をいたします。入門を希望される方は、事務局までお問い合わせください。(事務総長)

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional