天然理心流

歴史

歴史

Frame

 心武館は、天然理心流二代宗家近藤三助の弟子である松﨑正作の嫡子、松﨑和多五郎の門弟であった井上才市が開いた道場で、初代館長井上才市、二代目井上昌作、三代目井上義雄と続き、現在は井上家の現当主の義弟にあたる大塚篤が四代目を継承しております。
 佐幕派である新選組の主幹流派であった天然理心流は、維新後、明治政府から迫害を受けながらも、多摩地方に根付いた文化として多摩の人々に護られながら、いくつもの指南家が技法を伝えていましたが、明治大正昭和という大きな時代の変遷とともに徐々に衰退し、戦後にはほとんどの系脈が途絶えてしまいました。
 そのような中、心武館だけは天然理心流剣術の全伝を今日まで伝え、現在は、天然理心流指南免許を継承する唯一の道場となっております。
 天然理心流の多くの系脈が途絶え、失伝の危機にある状況を憂いた二代目館長井上昌作師範は、昭和四十二年、当時剣道を学んでいた義孫の大塚篤に才覚を見出し、戦死した義雄師範の後継として彼に天然理心流の指導を始めました。そして昭和五十一年、自身が受け継いできた天然理心流剣術の全ての技法と精神、そして亡き義雄師範の遺志を大塚館長に託され、心武館四代目としてその系脈を譲りました。
 このような経緯から、みだりに見せたり教えたりしてはならないという掟が引き継がれ、近年に至るまで少数の人にしか伝えられてきませんでした。
 大塚館長は、天然理心流の修行のかたわら、職場の居合道部の指導や地域の少年剣道の指導等を通じて、武道による社会貢献を実践してまいりましたが、そうした人脈を通じて、多くの方から天然理心流の指導を請われることとなり、平成16年に門戸を開きました。
 現在、心武館には約三百名を超える門人が在籍し、健康増進、精神修養、伝統文化継承を目的に天然理心流の修行に励んでおります。

  • 祝辞 扁額奉納に寄せて 天然理心流心武館 顧問 伊藤僡彦
    • 扁額奉納に寄せて

      天然理心流心武館 顧問 伊藤僡彦

       新たな実りに感謝をささげるこのよき日、日頃培った演武の奉納と心願をかけた扁額の奉献にと、充実したひと時を皆様と共にお祝いいたすことができました。心より感謝いたし御礼申し上げます。
       天然理心流は古武道の一つではありますが、勝敗を目的とせず人間形成と体力向上・健康増進に貢献する旨のコンセプトが加えられているとのことであります。演武を行われました皆様には、日頃の鍛錬の成果をあますところなく発揮され、大師様への奉納のお勤めを果たされ、たくさんの来臨なされた方々の声援にこたえられたものと拝見いたしました。
       扁額の奉献につきましては、由緒ある本堂に本日扁額がかかげられました。心武館第四代大塚館長を先頭とする関係者の熱い思いと御努力によって、日本伝統武術文化の発展と精神文化に貢献することを本旨とする献額が行われたところであります。
       今日のような厳しい時代であるからこそ、天然理心流流派の武徳をもって、未来への平和の構築と、良き日本文化の継承に、今日という日が出発点とも将来への道しるべともなりますことを願い、併せて流派のますますのご発展と皆様のご清栄とを祈念いたします。

      天然理心流心武館 顧問 伊藤僡彦

  • 寄稿 武術天然理心流について 小島 政孝 先生
    • 武術天然理心流について

      小島資料館館長 小島 政孝

       天然理心流は、近藤内蔵之助長裕が、寛政初期に創始した武術の流儀で、剣術、柔術、棒術を含めた、総合武術である。二代宗家を継いだ近藤三助方昌は、多摩郡戸吹村(八王子市)の名主坂本家に生まれたが、武術に優れていた。内蔵之助は、亡くなる直前に坂本三助を枕元に呼び寄せ、人払いを命じて気術(正確な術名は伝わっていない)の奥儀を伝授したという。文化四年十月十六日で享年は不明。三助は、以後流儀を継承し門人は千五百人を数えたという。気術は、理心流の最高峰の極意であるが、三助が文政二年四月二十六日に多摩郡相原村(町田市)に出張中に四十六歳で急死したために、この術は絶えてしまった。三助の有力門人は多くいたが、三助の継承者は育っていなかった。このため、内蔵之助の高弟小幡万兵衛が三術指南免許を得ていたため、三助に代わって指導した。その結果、八王子千人同心増田蔵六が小幡から三術指南免許を得た。増田を中心に八王子方面は、宮岡三八、松﨑正作、井滝伊勢五郎らの弟弟子が育った。桑原英助と漆原権左衛門も小幡から指導を受けている。桑原は御家人と考えられるが、その出自は不明である。門人に、相模国の門人が多い。桑原の門人小野田東市は御家人で、神奈川奉行所の支配勘定格定番取締役より頭取となり、慶応二年五月には、講武所の剣術師範役になった。講武所の剣術師範役は、錚々たる人物が就任しており、天然理心流も天下に公認されたことになる。
       近藤周助は、三代目宗家といわれているが、資料から類推するとその立場にない。周助の資料は少なく、彼の伝系を伝えるものはない。「島崎家家譜」からみると、三代宗家を継ぐものがいないので、周助が自ら継いだということになる。周助は、経営感覚にもすぐれ、多摩地区の有力名主層を門人に獲得し、その門人も千二百人を数えたという。周助が、宗家三代目でない理由は、松﨑和多五郎の奉納額にある。安政七年三月に牛沼山王社(秋川神明社)に奉納された扁額は現存する。その扁額には、近藤周助の名がない。三代目の位置には、増田蔵六の名があり、八王子方面では、増田がその地位にあったことを示している。三助は、後継者を指名する前に没したので、増田蔵六、桑原英助、近藤周助の三人がそれぞれの地域で、三代目として活躍することになった。
       松﨑正作の後を継いだのが、松﨑和多五郎で後継者は五人いる。大西政十、楠正重、秋間桂三、町田克敬、井上才市である。井上才市は、松﨑和多五郎の晩年の門人で、明治十五年八月に入門した。和多五郎は、二十二年二月に病没したから、井上が和多五郎から剣術を習った期間は六年六ヶ月である。和多五郎没後に、井上を指導したのは、年齢的にみると、川口村の楠正重と考えられる。井上は心武館を開き剣術を教えた。彼の神文帳によると、百七十二名の門人がいた。井上は五十一歳になった大正二年十一月二十三日に拝島大師に天然理心流の扁額を奉納した。三多摩の同流の師範では、近藤勇五郎、原田亀吉が招かれている。井上は昭和十年三月十七日に七十三歳で没した。剣術を習うには、足腰がしっかりしていなくてはいけない。これを鍛えるには、坂道を駆け上るのが一番よいといって、坂道を駆け上る名人であったという。
       このたび、井上才市の系譜を引き継ぐ、大塚篤師範が、九十八年目に拝島大師に奉納額を掲額された快挙に心よりお祝い申し上げる。


天然理心流系図

初代・第二代心武館館長

第三代・第四代心武館館長

history01

history02

伝書

天然理心流系図一統之巻

心武館に伝わる伝書の一部

天然理心流定寸木刀

天然理心流の定寸木刀

 天然理心流の定寸木刀は、全長三尺五寸で現在の剣道用の木刀より二寸長いが太さ等全体の形は定寸木刀とほぼ同型である。
 小太刀は全長二尺四寸五分でかなり長い物である。現在使用している木刀は、男子の身長が江戸期より十七センチメートル高くなっていること、また女性の門弟が多くなっていることを考慮し定寸の全長三尺五寸を基本としながら、各自の身長、体力によって選定して使用している。
 現在では、江戸期の身長と木刀の長さの比率を考慮して使用する事が天然理心流の本旨に基づくと考えています。
 因みに第四代館長の木刀は全長三尺七寸超である。奉納扁額と共に奉納した木刀は、第四代館長使用寸法である。
 小太刀は、天然理心流の定寸である。上から、第四代館長、第三代館長、初代館長、第二代館長の愛用品。

心武館紋章

 天然理心流心武館紋章は、平成二十三年拝島大師への新額奉納を期に制定されたものである。意匠は、天然理心流の精神根幹である大日如来を太陽で表現し、天然理心流極意の浮鳥をモチーフにしたもので、当流の精神と技を後世に伝承させる強い想いと修業の決意を表すものである。

心武館看板

 現在使用している心武館の看板は、昭和九年、部材のみが作成されていたが、初代館長が昭和十年に亡くなり使われることなく井上家の蔵に眠っていた。平成二十年、偶然蔵から発見され、同年四月に墨書きし平成二十年五月二十五日多摩道場開きに於いてお披露目したものである。(高さ95.5cm、巾22.5cm、厚さ3.0cm、桧の正目、書体は隷書)

拝島大師本覚院
 拝島大師本覚院にまつられる良源大僧正は、比叡山延暦寺の中興の祖として知られます。生国は近江の国。比叡山で修業を重ね、五十五歳で十八世天台座主となりました。諡号は慈恵大師。また、命日が正月三日であることから元三大師として親しまれています。
 本堂にまつられる尊像は元三大師による御自刀御自作で、長く比叡山に伝えられていたものです。しかし、織田信長の比叡山焼き討ちの際に猛火の中から救出され、諸国を巡り拝島の里、本覚院に安置されることになりました。以来、当地における大師信仰は盛んになります。
 古記録には、武州一円にとどまらず、甲州、相模など南関東一円からの伽藍造営のための寄進があったことや、境内での縁日、定例蚕祭百味講の盛大な様子が残っています。
 元三大師の尊像、画像をまつることは、厄除けのほか病気平癒に効果があり、家内安全、開運商売繁盛などにもご利益があります。
 この本覚院には、初代井上才市が大正二年十一月二十三日に大扁額を奉納しており、また、平成二十三年十一月二十三日に当代大塚館長が二枚目となる大扁額を奉納し、百年に亘る絆が結ばれています。

大扁額奉納

大扁額奉納

 新聞記事をクリックすると、拡大表示します。

西多摩新聞 2011年12月2日 毎日新聞 2011年11月23日 多摩東京日報 2011年11月25日・12月5日合併号

読売新聞

朝日新聞 2011年11月22日 Weekly News西の風 2011年12月9日 

産経新聞 2011年11月19日 JCNマイテレビ 2011年11月24日放送

天然理心の道

powered by Quick Homepage Maker 4.85
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional